CSSとHTMLについて

HTMLは文章面の構造、CSSはデザイン面の構造

HTMLよりも便利でメリットが多いものとして、CSSがあります。ホームページを自作しようという時に始めに勉強するのはHTMLだと思うので、HTMLを知った後にCSSと聞くとなんだろうとなる人が多いと思います。CSSはCascading Style Sheetsの略で、スタイルシートとも呼ばれています。もともとHTMLは、文書の論理構造を記述するためのものでした。しかし、インターネットが進歩すると共にホームページなどの見栄えが重視され始めたので、デザイン要素を指定するタグが多用されました。論理構造とデザインで複雑になってしまったHTMLの問題を解決するために生まれたのが、CSSです。HTMLからデザイン要素をCSSとして分離することで、タグを扱いやすくしたのです。

CSSはHTMLがあってのもの

CSSの基本的なことは、デザイン要素になります。HTMLでは文章の論理構造(見出し・段落など)を指定し、CSSではデザイン(レイアウト)を指定します。CSSはHTMLに適用させることで使えるものなので、外部からCSSファイルを読み込むか、HTMLファイルのヘッダ部にCSSを記述をするか、HTMLタグでスタイル値を属性値として記述を行う必要があります。言葉で説明すると難しく思えますが、実際にやってみるとそこまで難しくはないと思います。手軽にCSSを用いる方法としては、ヘッダ部に記述かスタイル値を属性値として記述する方法がオススメです。複雑なスタイルである場合は、外部から取り込む方が楽なこともあります。

© Knowledge Required . All Rights Reserved