CSSの基本とメリットについて

CSSの基本となる役割について

CSSとはスタイルシートとも呼ばれており、HTMLなどで作成されたウェブページに、スタイルを適用する際などに多く用いられています。CSSの基本となる使い方は、HTMLで作成された各要素に装飾を指定するなどになります。テキストの文字を大きくしたり太字にしたり、背景色を変更したりするなどの指示を出すことができます。プリンタなどで出力される際のスタイルやウェブページ全体のレイアウトに関しても制限を設けることができ、CGIなどにも使用することができます。またHTMLで要素に指示を出す形とは異なり、CSSのみでしか指定できない指示もあります。CSSファイルを複数用意し、閲覧者に好みのレイアウトを選ばせることもでき、様々な形で使用することが可能です。

CSSを使用するメリットについて

装飾の支持をCSSでおこなうことにより、HTMLのソースが整頓されSEOなどがより効果を発揮するなどの利点があります。HTMLタグで制御をおこなう場合、同じ命令文を使うとしても要素の1つ1つに指示を出さなくてはならなくなりますが、CSSならばクラスの指定などをおこない指示を共有することができます。これによりHTMLの情報構造を壊すことなく、要素に装飾を指定することが可能となります。また閲覧環境に左右されにくいという特性もあり、レイアウトを制御しやすいというメリットも持っています。HTMLのタグで無理にレイアウトを制御すると、検索エンジンなどに情報構造を理解されない危険がありますので、可能な限りレイアウトの制御はCSSでおこなうのが理想となります。

© Knowledge Required . All Rights Reserved