CSSの基本・どういう役割があるのか

レイアウトやビジュアル面を担当

ホームページ作りを学びはじめて最初に出てくるワード、それが「HTML」とこの「CSS」になります。CSSはインターネットの歴史においては後発組であり、より機能を拡張し充実させる意図を持って登場しました。ウェブページにおける役割でいうとHTMLは文字・段落といった「記述そのもの」を、CSSはレイアウト関連を始めとする「よろず外見」をそれぞれ司る役割があります。実際のところ、実はHTMLさえ一通り押さえておけば一応のウェブページ設計をすることが出来ます(事実、黎明期インターネットにはHTMLだけしかありませんでしたから)。ですが近代的でモダンな、今ではごく当たり前に見られるウェブページの「外見」を、CSSなしで作ろうとするならば非常に大変です。またCSS併用はメンテナンス性にも優れているという利点があります。

サイトまるごと指定でき省力化に貢献

ページ設計の本体であるHTMLに添えて配置し、そのHTMLから読み出すことでレイアウト等を指定する・・これがCSSの基本的な使い方です。この方式ですと1つのサイト全体にわたる見た目を一括で指定ができるため、細かな修正・メンテナンスも容易く出来るようになっています。例えば作成したホームのページAをチェックしていて、「フォントを1.5倍のサイズにしたいな」などと修正点を見つけたとします。統一感を出すにはAページを元に作ったリンク先のページB,C,Dの全てを開いて、フォントサイズをちまちま書き換える・・従来のHTMLオンリーによるページ作りではそういった作業が必要でした。CSS利用の場合ですと、HTML部分には「フォントサイズは、添付CSSの指定に従いなさい」とだけ書いて、参照元を一元化しておくようにします。これでサイト内を一貫する、統一性があり見やすいデザインが実現されます。

現在、無料でHP作成用のテンプレートを提供するサイトと、有料で請け負うサイトがあります。また、スマートフォンの普及により、パソコンだけでなくスマホにも対応できるように作られているサイトが増えました。

© Knowledge Required . All Rights Reserved