CSSの基本を簡単に学ぼう

CSSとはどのようなものか

CSSとはホームページやブログを作成するときにその形を形成するためのスタイルを設定するのに必要な言語です。ホームページ等のデザインは基本的にCSSで記述します。ホームページ作成ソフトなどは、どうしたいかを指示すれば自動的にCSSを作成してくれているので、CSS言語を理解すれば作成したホームページを簡単に微修正したりすることが出来るのです。HTMLと何が違うのかという疑問がよくあがりますが、HTMLは文章の構造を指定するもので、CSSは見た目の形を指定するものです。HTMLとCSSを両方使用することで自由にホームページ等をカスタマイズできるようになります。CSSは書式が非常にシンプルであるため、簡単に覚えることが出来ます。次にCSSの基本的な記述方法を説明します。

CSSの基本的な記述方法

CSSの基本は、HTMLと構造は似ていて、大枠を指示し、内側に階層に分けて指示していく形となります。一番の大枠はセレクタといい、セレクタとはスタイルを適応する対象のことで、p要素やbody要素などを言います。セレクタの種類は多岐にわたりますが、いずれもスタイルを適応する対象をどのように決定するかの手法が異なるだけです。次にその内側に位置するのがプロパティといい、プロパティはセレクタにどのようなスタイルを適応するかを指示するものです。その指示方法は簡単で、文字の大きさであればfont-size、文字の色であればcolorといったように、HTML文書と変わりはなく非常に覚えやすいです。HTML文書と違うのは、イコールやカンマでサイズや色を指示するのではなく、コロンの後に指示する内容を記載するところです。プロパティは様々な要素があるので、リストを作成しておくと適応しやすいと思います。

ホームページ制作会社のウェブサイトには、ホームページ作成の実績事例が紹介されています。そこで紹介されている発注者の声が、仕事を依頼するときの参考になるので必ず確認することが重要です。

© Knowledge Required . All Rights Reserved