スタイルシート(CSS)について

HTMLとは似て非なるもの

ホームページのデザイン(レイアウト)を定義するものとして、スタイルシートがあります。スタイルシートはCSSの規格に沿う記述となっており、CSSによるスタイルシートはHTMLとは分離したデザイン要素になります。CSSの基本となる記述方法には、セレクタ・プロパティ・コロン・セミコロン・値・ID・クラスなどがあります。これらの記述は一般的に改行を用いられることが多いのですが、改行しても一行にしてもデザイン上の問題はないので、自分の好きにして良いところです。CSSの基本はHTMLの基本とはかなり異なるものなので、慣れないうちは大変かもしれません。しかし、勉強や実践を繰り返すことで使いこなせるようになります。

HTMLとは違ったメリットがたくさんある

CSS(スタイルシート)を使用するメリットとしては、HTMLよりも細かくデザイン設定が可能・ファイルサイズを小さくできる・文書構造が明確になるなどがあります。細かくデザインができると、自分がイメージした通りに作りやすくなります。ファイルサイズを小さくできると、パソコンの容量のためになるので、データが多い人には助かると思います。文書構造は明確になると作成しやすいというのもありますが、検索エンジンにかかりやすくなります。検索エンジンは単語やタグをよく見ているので、文書構造が見やすくなっていると検索で上位にヒットしやすくなります。上位ヒットすると、訪問者が増えるのでアフィリエイトやアドセンスに有効です。

ホームページ作成の見積もりを必要としているときには、無料の一括見積もりサービスを利用することです。わずか1回の作業で、複数の見積もりを得ることがかないます。

© Knowledge Required . All Rights Reserved